きれいにモデル撮影してもらうポイント

モデル撮影の前にすること

モデル活動をすでにしている人も、これからモデルになりたい人も、大切なのは「美しい写真」を撮ってもらうことです。
モデル撮影会に慣れないうちは、笑顔がひきつってしまうことも、撮影に臨むにあたり、準備しておくべきことをおさらいしておきましょう。
モデル撮影できれいに写真を撮ってもらうコツ、まずは自分をどのような人だと感じて欲しいか、さらには自分のどの部分を見て欲しいか、チャームポイントや長所を考え、そのことを、フォトグラファーにしっかりと伝えましょう。
次に、きれいに写真を撮ってもらうために大切なのは、リラックスすることです。
撮影前の体と顔のストレッチはよりあなたを魅力的にしてくれます。
目をつぶり、深呼吸してどんな自分になりたいのかを想像してみましょう。

モデル撮影時のポイント

撮影されることと、その結果を見て、客観的に自分を知るということを繰り返していくうちに、自分の見え方や見せ方がわかってきます。
ポージングは、定番の「モデル立ち」を思い出しましょう。
背筋を伸ばし、腕は身体からやや浮かせます。

カメラに向かって体を斜めにし、カメラに近い方の足を前に出します。
肩の力は抜いてください。

シャッター音に合わせ顔の角度や、ポージングを変えて撮ってみましょう。
写してほしくない部分、二の腕が気になる場合などがあれば、フォトグラファーに伝えましょう。
気にするあまり不自然にならないよう、気をつけましょう。
レンズを赤ちゃんだと思い込むのも良いでしょう。
赤ちゃんに「かわいい!」と微笑みかける感じです。
そして、モデル撮影を思い切り楽しむことも大切です。
最後に忘れてはならない重要ポイントが、フォトグラファーとのコミュニケーション
フォトグラファーは、あなたと接し、あなたの魅力を知ることで、あなたの魅力を最大限に引き出してくれます。


スタジオリジュエでは、雑誌企画撮影、広告モデル、撮影講習会などの撮影モデルを幅広く募集しています。
個性を生かした写真を撮ってもらえるチャンスです。

コラム一覧


 

Copyright © 2015 Li・jouet All Rights Reserved.