撮影会モデルの仕事内容

撮影会モデルの仕事とは?

撮影会モデルとは、商品や企業、チームを宣伝するためのモデルとは違い、自分自身を商品としカメラマンたちに撮影してもらうことが仕事内容となります。
そのため、モデル撮影を行うことで自分が商品や企業、チームの宣伝をするということよりも、「収入」を目的とした仕事内容になることが多いのです。
自分自身が商品となり売り込むため、撮影時の衣装も、私服・ドレス・コスプレ・水着など制限はありません。

より多くの人に撮影をしてもらうことでより多くのギャランティを受け取る。このメリットはあなたにとってとても大きなメリットと言えるでしょう。しかし、お金のためだからこそ商品となる自分はカメラマンからの要求が断りづらくなるという場合も出てくるのです。

一般的なモデル撮影会では「触ってはいけない」「モデルごとのNG行為はしない」などの決まりがあり、撮影にスタッフが立ち会う場合がほとんどですが、個人主催で行うマンツーマンの撮影では参加者に無理な要求をされることも少なくありません。
個人主催で行う撮影会では、自分自身の人気がダイレクトに報酬となって返ってくる反面、そのような身の危険にさらされる可能性もある仕事内容であることも知っておき、いざという時の対処法も考えておきましょう。

 

撮影会モデルと宣伝モデルの違い

撮影会に登場するモデルがレースクイーンやタレントという場合も、カメラマンたちにとっては撮影会モデルと変わりなく撮影をするでしょう。
しかし、モデルたちに支払われる報酬には大きな差があります。
宣伝目的の場合、たいていは企業やチームと契約して活動を行うため給与制などが取られます。
一方、撮影会モデルは芸能事務所に所属するタレントや、フリーのモデルが歩合制で報酬を支払われることも少なくありません。

宣伝モデルの場合は日当のギャランティが2万円〜5万円程度が相場ですが、撮影モデルの場合、人気モデルやレースクイーン、人気アイドルなどは1日の撮影会で10万〜20万と高額なギャランティを受け取るモデルも少なくありません。

近年では、撮影会モデルからデビューし、多くのファンを抱え芸能界入りをするモデルもいるほどです。
中には撮影スタジオと契約してモデル撮影会を行うモデルもおり、撮影を楽しむ側としてはモデル手配を別でしなくても済むので大変便利と好評なサービスを行う所もあります。

コラム一覧


 

Copyright © 2015 Li・jouet All Rights Reserved.